上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
それは、夕食の時間の出来事だった。


家の前が何やら騒がしい。
どうしたのかと思っていたら、お隣の奥さんが戦業主婦を呼んでいる。
急いで玄関を出てみると、お隣の奥さんが知らないワンちゃんに首輪をしようとしていた。

旦那に手伝ってもらい、何とか首輪をしてみたが。
リードまで付いている。
迷い犬というよりは、脱走したワンちゃんみたいだ。
でも、プレートや名前など、手がかりになるような物はなにもない。

『どこのワンちゃんでしょうね?』
「見た事ないわー」
『どうしましょうか?』
「とりあえず、飼い主が探してはるかもしれんし、しばらく置いておこうか」

そんな事になって、近くの集会所の前につないでおく事に。


30分ほどして、戦業主婦の夕食が終わったので、ワンちゃんを見に行った。
この季節、雨が降ったりやんだりする。
ワンちゃんは、少し雨にぬれて寂しそうだった。
持ってきた牛乳をあげると、元気に飲んでくれた。

このまま朝までつないでおくのは可哀想だったので

ワンちゃんの飼い主を捜せ!

大作戦のはじまりはじまり~!


まずは救援部隊『旦那』を呼び出す。
旦那にリードを渡し、戦業主婦は息子を抱いて、いざ出陣!

町内を一周する事に。
暗くなってきて、近所を確認する事もままならず。

『リード放したら、帰って行くかな?』

犬には帰巣本能があるらしいので、試してみる事に。

放してしばらくはこっちを見ていたが、そのうち走り出した。
追い掛けてみたけど、追いつけなかった。

「帰ったんかなぁ?」
『帰ったんやろう』

よくわからないまま、戦業主婦たちは家路についた。

「前におったりして」
『あー、案外いたりするかも』

そんな事を、気軽に言っちゃいけません。









本当にいましたよ…





戦業主婦の家の前で、私達の帰りを待っていたようだ。

「お前家帰れよ…」
『ワンちゃん、お家どこ?』

仕方ないので、もう一度回ってみる。
同じようにしても何なんで、今度は犬を飼っているお家の方に聞いてみる事に。

が、見事玉砕。

とりあえず、役場に連絡してみようという事になり、電話してみる。
宿直の方が出てくれて、保健所に電話してみるように言われる。

あまり気がすすまない…

しぶしぶ電話をかけてみる。

プルル…

コールが鳴ろうとした



まさにその時!!!




戦業主婦たちの前から1台のバイクが。


『あああああ、うちの犬なんです!探してたんです!?』


飼い主の方だった…。
探してみたけど見付からないので交番に行ったら、閉まっていたらしい。
で、一回帰って相談しようとしたところに遭遇したらしい。


「よかった~」
『ありがとうございます。夕方、親父が散歩してる時にフンの処理しようとして手を放したら逃げられたらしいんです…』
「あ、なるほど」

もう、お互い苦笑するしかなかった。
その逃げられたであろう映像が、ものすごく鮮明に想像できたので尚更。


『後日御礼にお伺いします』
「いやいや、そんなたいした事じゃないんで」
『いえ、そんな。ほんと、助かりました』
「ワンちゃん、よかったねー」
『ほんとにありがとうございました。失礼します』

ものすごい低姿勢なお兄ちゃんで。いい事をしたな~と。

これにて、ワンちゃんの飼い主を捜せ!大作戦は終焉を迎える。
感謝という栄冠を手にして。







追伸
後日、本当にお兄ちゃんが御礼に来てくれた。
シュークリームとクッキーは、おいしくいただかせてもらいました。
あ、お隣の奥さんにもお裾分けしました。
ごちそうさまでした。

スポンサーサイト
2006.07.16 / Top↑
昨夜、旦那が買い物に行きたいと言うので、夕食の後近くのイ●ンへ。
もちろん息子も一緒におでかけ。

車に乗る事15分。もうすぐお店というところで、信号に引っ掛かる。
その停まった場所の横には焼き鳥屋がある。

前々から気にはなっていたのだが、旦那も戦業主婦もこれと言う事はなかった。


が!!!


今夜は違った!!!

何と旦那が

「焼き鳥食う?」

と言ったではないか!?

もちろん、即座にOK。

そして戦業主婦はここで『旦那の機嫌を悪くしない』作戦を開始した。
なんたって、生ビールの為だ。
とりあえず、先に買い物をしてからという事になった。


いつもなら文句をつける旦那の買い物にも、一切何も言わず。
ただ始終笑顔で。なおかつ、自分の買い物も済ませ、いざ焼き鳥屋へ!!!




だが何ごともなくここまできたのに、落とし穴が待っていた



「携帯がない…」

そう。戦業主婦の携帯がない。いつもはズボンの後ろポケットにあるはずなのに!!!
店を出るまでは持っていたつもりだったのだが…。かばんにも、車の座席のところにもない!ここまで来て…

作戦は失敗に終わるのか…

仕方がないので、店へいったん引き返す事に。
旦那と息子を車に残し、出入り口付近や駐車場を探すも見当らず。

もしやと思い、サービスカウンターに立ち寄る。

「あ、すみません。携帯落ちてなかったですか?」









『あ、これですか?』





「それです!!!」

にこやかな店員さんが、天使のようだった。
どうやら、出入り口付近だったため、警備の方がひろってくださったそうだ。

もう、本当にどれほど感謝したものか。
などと考えながら、落とし物を返却するにあたりの書類に記入している所に電話が鳴った。

旦那だった。

「はい」
『あったか?』
「うん、あった」
『ん』

ツーツーツー…

てんぱってて忘れていたが、旦那の機嫌を悪くしない作戦を遂行中だった。
焼き鳥屋さんで1杯が、遠く離れてゆく映像が見えるような気がした。

書類を店員さんにわたし、再度御礼を言い、車に急いだ。

戦業主婦に置いていかれ、泣叫んでいる息子をまず泣きやまし、
旦那に詫びを入れる。

「ごめん…ありがとう」
『んあ。よかったな』

前を向いたままの旦那。やはり機嫌が悪くなっているようだ。
しかし、仕方がない。自分が悪いのだから。

戦業主婦は、まっすぐ帰るものだと思っていた。
戦業主婦は、旦那は機嫌が悪いのだと思っていた。



なのに!

車のむかった先は、焼き鳥屋の駐車場。

しばらく旦那には、逆らわないようにしようと思った。
2006.07.11 / Top↑

戦業主婦は、日々地域に溶け込めるよう努力している

つもり

なのだか…。

苦手なものも、あったりする。

近く町長選と町議会補欠選がある。
戦業主婦は、ほんとに一番これが困る…。

選挙には行っても、名前を書いた事はない。
というか、2回くらいしか行った事がない。
なのに、主人の両親も主人も、すごく興味津々のようで。どうにもならない。

義父に至っては、出陣式などに顔を出す始末。

戦業主婦は、政治にまったく興味がない。
社会人として、育児をしている者として、だめなのはわかっているのだが。

たくさんある党の主義主張もわからないし。

実際、党がかわろうが何しようが、現状の日本が改革される事なんかないんじゃないかと思っているのだが…。

とりあえず、笑って許して作戦を遂行し、後は行ったフリあたりでなんとかしようと思う今日この頃なのである…


2006.07.04 / Top↑
戦業主婦は、家計の中で『食費+備品』という部門を預かっている。

食費は、まさに1ヶ月分。
備品は、自治会費やクリーニング代などである。

そして、その備品の分から朝配達してもらえる牛乳代を出していたのだが。
お風呂改装のローンを、食費+備品から捻出する事になったので、ちょっと苦しいということに気が付いた。
そこで、牛乳を断る事に。

とりあえず、受け付け時間になったので電話する
そして、強気ではっきり断ろう作戦を遂行する。


以下、対応に出た女性との会話


『●●牛乳センターです』

「あ、すいません。今月いっぱいで、牛乳お断りしたいんですけど」

『左様でございますか。お客様のお名前と電話番号を』

「●●です。電話は…」

『かしこまりました。あの、何か不具合でも?』

きた!!!
その質問は、電話をする前からくるとわかっていた!

そして、戦業主婦が考えていた返答は…


《以前牛乳の遅配があった時に確認の電話を入れたら、対応が悪かった》とか、《値引きやお徳な事がなにひとつない》とか


だったのだが…

とっさに戦業主婦が返答したのは








「あ、うちの勝手な事なんで」








だった…。
小心者と言われても、仕方ないのである。
強気ではっきり断ろう作戦は、志し半ばで終焉を迎えた…



2006.06.27 / Top↑
戦業主婦は日々戦っているのだが。

なめくじは何とか克服したものの、中には戦えない物もある…

例えば毛虫。
大人の指サイズのものが、うねうねしていたらもう迂回作戦を遂行するしかない。


他に、ヘビ。
これは、昨日初めて出会った。
というか、見かけただけなのだが。

にょろり~ん

と路面に寝そべっておられたのだが
だめだ戦えねぇ
の一言で終了。

熱しやすく冷めにくくあれ♪http://http://nishimon.blog59.fc2.com/
のにしもんさんのように、ブンブン振り回すのは無理そうだ。


そして最後に強敵なのが、
天敵
ご●ぶり
もう、無理。いや、絶対無理。
が、暑くなってきたこの季節、やはり出る。
とりあえず、義母や旦那に前線にでてもらい、戦ってもらう。
ひとりの時に出会おうものなら、即刻退却命令である。

とりあえず、勝利の女神が微笑んでくれるのを祈るしかない。

夏はこれからだ…
2006.06.22 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。