上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
昨日からの雨が、今日も降り続いている。
旦那が起きる時間に起きられなかった私は、息子と一緒に起床。
旦那は、放ったらかしの事が多い。なまぐさな嫁で、申し訳ない。
とは思うが、中々起きられないのが現状なのだ。

朝起きて、まずお茶を沸かす。その間に、コーヒーをセットし、仏壇のお茶をかえる。
息子は、教育番組に釘付けのようだ。

そして一緒に、朝食をとる。
私はトーストにコーヒー。息子はコーンフレークに牛乳。
ここまでは、普通の朝ごはんだったのに。

「かーしゃん、ごあん」

息子の一言攻撃で、状況はかわってしまう。
しかたなく、白ごはんの用意をする。でも、ごはんだけでは食べないので、漬け物やら海苔やらを出してくる。

楽天市場


通販が便利で、ついうっかり買ってしまった物だったりする。

ようやく準備ができ、さあ食べようとしたら今度はインターホンが。

車の音は聞こえなかった。という事は、宅急便ではない。
お隣の奥さんなら、鳴らしてすぐ玄関の前まで来る。
牛乳や新聞の集金までは、ちょっと間がある。

という事は…

ここまで瞬時に考え、ゆっくりと玄関の扉を開ける。
そこには、案の定『宗教』の人がいた…。

「何か?」
「あ、わたくし○○と申します。お忙しいですか?」

あたりまえである。まだ洗濯もしなきゃなんないのに。
青筋がわからないように、平静を装って答える。

「子供のごはんしてますから」
「あ、そうですか。じゃあ、ちょっとだけ」

ちょっとだけ?
人の話聞いてますか?って言いたいがこらえる。

「M田さんていう人が、前に来られたんですけど?」

私の一言に一瞬の沈黙の○○さん。
以前来ていた人の名前を思い出したので、言ってみただけなのだが。
効果絶大。

「あ、そうですか。同じとこからですので…」

大人しく帰って行った。
作戦成功。

やっとゆっくりごはんが食べられると思っていたら、息子が牛乳の中にパンをつっこんでいた…。
意気揚々と振り返ったら、地雷を踏んでしまった気分だ。





スポンサーサイト
2006.04.11 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。