上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
全体役員会の記事を書いたその朝に、父が他界しました。

桜は見られるが、夏までは・・・
そうお医者さんに余命宣告をされてから、本当に短かったです。
結局、桜を見れないままに逝ってしまいました。


父と最後に会ったのは、2月末。
その時の最後の会話は、また来るからという私に対して
「ごめんな」と。
そう言ってくれたのが最後でした。

容態が急変して、母が駆けつけたときはまだ意識があったようです。
人工呼吸器がないと息もできない状態だったそうです。
でも、まだ大丈夫だという先生の言葉で、母は仕事を休ませてもらう為に
仕事場に向うことにしました。
「仕事に行くから」
そう言った母に、父は手を振ったそうです。
それが最後でした。
それから2時間もしないうちにまた病院から連絡があり、
母と妹、弟夫婦が駆けつけたときには、もう意識もなかったようでした。

父はそのまま、静かに亡くなりました。

私が実家に戻ったのは、父が病院から無言で帰宅する少し前でした。
せめてそれだけでも、間に合ってよかったです。

帰ってきた父は、苦しそうな表情もなく。
ただ静かに眠っているだけに見えました。

いっぱい泣いて。
いっぱい思い出話もして。

すっきりまた元の生活に戻ったつもりだったのですが。

ダメですね。
何かの折に、思い出すんですよね。
しかも、元気な時の父を。
最後の方は、食べることができなかった父なので。
何かを作ってる時とか食べるときが、一番思い出します。
お酒も大好きだったはずなのに。
全然飲めなくて。
くやしかっただろうなーとか。
そんな事ばっかり考えちゃうんですよね。

もうちょっと、頑張ろうと思います。
ここで止まってるのは、かっこ悪い。
静かで強い父だったから。
私もそうなりたいです。



不定期更新が、さらに不定期になるかもしれませんが。
温かい目で見守ってくださると、これ幸いです。

これからもよろしくお願いします。

スポンサーサイト
2010.03.28 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。